​コンサルティング・サービスのご案内

日本インドネシア協会では、インドネシアへの進出、事業の拡大を目指されている皆様のお手伝いをすべくコンサルタント業務を提供することと致しました。 

ジョコウィ大統領の強いリーダーシップのもとで投資調整庁(BKPM)が推進役となり、オンラインサービスの本格的導入など投資環境の改善の動きは急ピッチですが、私どもとしましては関係各省庁の役割を含め投資に当たっての分かりやすいガイダンスを心がけて参ります。

 

問題となる分野によっては現地のコンサルタントや実績豊富な弁護士事務所、税務事務所などのご紹介を通じ具体的な解決策のご提案まで努めたいと思います。また、最近増えているM&A案件でも重要となります現地企業各社についても、可能な範囲で皆様の調査、分析をアシストさせて頂きます。60年の歴史を持つ協会独自のネットワークを通じ貴重な情報が提供できるかと思います。 

当協会にご加入頂き長期的にお手伝いするケースの他、単発のご相談にもお答えする等、柔軟に対応させて頂きます。

なお、ご相談内容により担当する専門家や外部のコンサルタントが変わってきますので、料金や時間割等、ご関心がある方は下記の「メールフォーム」より差出人名(会社・団体名、所属部署、役職、氏名)、照会内容を御記入の上、お問い合わせ下さい。

[主なコンサルタントの紹介]
インドネシアへの進出、事業の拡大において経験豊富な当協会のコンサルタントは、それぞれの専門性を生かしながらご相談をお伺いします。


山﨑 紀雄  
2006年から2013年まで商社のインドネシア現地法人と関係会社において経営に携わった後、BKPM(投資調整庁)投資促進政策アドバイザーとして2013年から2017年まで日本企業の相談に乗ってきました。
現在は日本において、同協会専務理事として各地で講師を務める他、法人会員向けのアドバイザーとして活躍しております。

 


泉 三郎   
1975年から2001年までの間、ジャカルタ及びスラバヤに駐在員及び関連会社への出向者として、通算15年インドネシアに滞在した後、2001年から2006年までJETROジャカルタ事務所に駐在し日系企業の投資アドバイザー業務に従事しました。2008年から2010年まではJICA調査員としてインドネシア労働移住省に勤務。2012年より日本インドネシア協会の会員向け週刊メールマガジン「インドネシア通信」の編集を行う傍ら、2013年ー2015年JETRO専門家として日本の中堅・中小企業のインドネシア進出支援アドバイザーを務めてきました。
現在は「インドネシア通信」の編集を行う他、中小企業のインドネシア進出コンサルティングを行っております。