新型コロナウイルス関連情報(3月)

2020年4月3日時点

●日本からインドネシア:渡航中止勧告(レベル3)

●インドネシアから日本:注意喚起 警戒レベル2(黄色)

3月2日、インドネシアで初の新型コロナウイルス感染者が2名確認。

3月5日、インドネシア外務省は、追加の入国制限実施を発表。対象となるのは中国に加えイランとイタリア、韓国の3カ国(3月8日から実施)。

3月6日、新たに2名の感染が確認。

3月6日、【新型肺炎(コロナウィルス)による当地(インドネシア)日系企業の事業活動への影響、現在の対応状況などについての調査】(JJC & JETRO)

3月8日、新たに2名の感染が確認。

3月9日、新たに13名の感染が確認。

3月10日、新たに8名の感染が確認。

3月11日、英国人女性1名の死亡が確認。(計34名の感染が確認)。

3月13日、計69名の感染が確認(死者4名)

3月14日、計96名の感染が確認(死者5名)、ブディ・カリヤ運輸相(63)の感染も確認、ジャカルタ・アニス州知事は住民に外出を自粛するよう要請

3月15日、新たに21名の感染を確認(計117名、死者5名)

3月16日、新たに17名の感染(計134名、死者5名), ジャカルタにて公共交通機関の利用制限開始, インドネシア労働省は在宅勤務推奨方針を発表

3月17日、交通制限を一部解除(ジャカルタ)、インドネシア政府は追加の入国規制措置を発表、新たに38名の感染が確認(計172名、死者5名)

​     西ジャワ州カラワン県における活動制限

3月18日、新たに55名の感染を確認(計227名、死者5名→19名)

3月19日、新たに82名の感染を確認(計309名、死者19名→25名)

3月22日、計514名の感染が確認(死者48名)

3月23日、計579名の感染が確認(死者49名)

​3月24日、西ジャワ州カラワン県知事の感染が確認

3月25日、計790名の感染が確認(死者58名),日本からインドネシアを含めた東南アジア諸国への不要不急の渡航中止(レベル2)

3月26日、計893名の感染を確認(死者78名),日政府水際対策強化(インドネシア含む東南アジア7カ国からの入国者14日間待機,公共交通機関利用しない)

3月29日、計1285名の感染を確認(死者114名)

​3月30日、計1414名の感染を確認(死者122名)

​3月31日、インドネシア政府は追加の入国規制措置を発表、日本政府はインドネシアを含めた国々への渡航警戒レベル引き上げ