スカルノ・ハッタ国際空港における定期旅客便の運航停止発表について

※以下在インドネシア日本国大使館からの情報になります(4/24,一部抜粋)。

● 4月23日、運輸省の発表を受け、第2空港管理会社(アンカサ・プラII)は、4月24日から6月1日まで、貨物便と特別便を除くスカルノ・ハッタ国際空港を離発着する全ての定期旅客便(国内線及び国際線)を停止する旨発表しました。

● 運輸省の発表については、在インドネシア日本国大使館よりインドネシア政府に対し、我が国との国際定期旅客便の運航継続を主張した結果、インドネシア政府からは、国際定期旅客便は規制の対象外との説明を受けています。その後の空港管理会社による説明においても、新たな通知があるまで、当地と日本との間の直行便を含む国際定期旅客便は運航を継続するとされています。また、国内定期旅客便の運航については、原則運航停止とされています。正式な措置の内容については、航空運輸制限を定める運輸大臣令を含め、在インドネシア日本国大使館にて引き続き情報を確認しているところです。


 

1.   4月23日、アディタ・イラワティ運輸省報道官は記者会見を行い、帰省禁止措置に伴い、24日の0時から陸海空及び鉄道の全ての交通機関を規制し、空路については6月1日まで停止する旨述べました。この運輸省の発表を受け、第2空港管理会社(アンカサ・プラ II)は、4月24日から貨物便と特別便を除くスカルノ・ハッタ国際空港を離発着する全ての定期旅客便(国内線及び国際線)を6月1日まで停止する旨のプレスリリースを発出しました。

​※以下続報になります(4/24)。
 

● 4月23日,ルフット・パンジャイタン運輸大臣代行は,断食月(ラマダン)及び断食明け大祭(レバラン)期間の帰省禁止措置に伴う移動制限に関する運輸大臣令を発布しました。

● 同大臣令によれば,4月24日から5月31日まで,大規模社会制限の対象地域等から出入域する陸上交通,鉄道交通,海上交通,航空交通の移動手段の運行・使用が禁止されます。規制期間は延長される可能性があります。

● 航空交通については,国内線のみが制限対象とされ,国際定期旅客便は対象となっていません。国内線については,本24日以降,順次運航が停止される模様です。

● 陸上交通については,ジャカルタ首都圏域外からのスカルノ・ハッタ国際空港へのアクセスを当館にて確認中です。追加情報を入手次第,改めてお知らせします。

● 本大臣令の発出に伴い,中長距離の公共交通機関が運休しているほか,ジャカルタ首都圏を含む大規模社会制限措置がとられている地域においては、高速道路等道路の出入口付近に設置された検問所で通行車両の監視が行なわれている模様です。


詳細は下記にお問い合わせください。
 

在インドネシア日本国大使館領事部
○開館時間帯(月~金 午前8時~午後4時45分)の代表番号
  +62-(0)21-3983-9791
○新型コロナウイルス関連相談の専用番号
(対応時間:月~金 午前9時~午後12時30分,午後1時30分~午後4時45分)
  +62-(0)21-3983-9793
  +62-(0)21-3983-9794
○閉館時間帯(午後4時45分~翌日午前8時),及び閉館日の緊急連絡
  +62-(0)21-3983-9799